給料日前はいつもお金がない

40歳の女性です。
派遣で事務をしています。

 

お金がない休日は辛いです。

 

買い物大好きな私の思考は「なにも買えない=つまんない」です。

 

しかし給料日前はいつもお金がない。

 

何故ないのか?
派遣で事務員ですから手取り毎月18万くらい。

 

日々の飲食代や携帯代に交際費、家賃。

 

特に洋服、靴、バックは季節ごとに買い替えるので支払いに追われます。

毎回お金がないときに0円でいつもやっている事

給料日前の休日は、毎回お金がないので、借金したりせず散歩したり、ウィンドウショッピングしたり、ひたすら昼寝したり。

 

あとネットサーフィンしてたらあっという間に休日が終了なんてことも。

 

でも、時間を無駄にしてしまったという罪悪感というか背徳感に押しつぶされそうになります。
なんででしょうね。

 

そんな私が0円でいつもやっている事があります。

 

それは空想?妄想?というか、思考をだますのです。

 

何にもやってないけど何かを見てその気分になること。

 

見たり読んだりしただけで、物語の主人公になったり、違う場所に行ったり、そんな気分になる。

 

これはかなり楽しいです。

 

私的には旅行に行くより楽しいかも。

 

例えば私は海外ドラマのセックスアンドザシティが大好きでDVDを持っているので、
これを見ていると買い物もオシャレも遊びも恋愛も味わった気分になります。

 

主人公の幸せや絶望なんかも一緒に味わってしまうので疲れることもありますが。

 

それとニューヨークの街並みや素敵なドレスに豪華なバー等、見てるだけでテンション上がります。

図書館で借りれば0円!キャッシングしなくてもOK

あとは、好きなアーティストのライブDVDを見て、画面に映っているライブの熱気を想像して楽しむのです。

 

時には、脇に汗かいて興奮したりしてコンサートに行った気分になります。

 

観客側で見るのも楽しいですが、自分がアーティストになって見るのもいいです。

 

アーティストになるとカリスマ気分が味わえます。

 

観客の満面の笑みが自分を見上げてます。

 

もう大げさに言うと神になった気分です。

 

生まれ変わったら才能あるカリスマアーティストになりたい。

 

あとは本を読む。

 

図書館で借りれば0円、キャッシングしなくてもOKです。

 

この間、小説を借りました。
湊かなえさんの山女日記。

 

登山をする女性たちの話です。

 

登場する女性たちが登山しながら悩みや過去と向き合っていくという話。

 

その悩みが自分とリンクしたりして、自分の話じゃないかと思うくらいでした。

 

山の景色や植物のことも細かく書かれていて山に登っている気分になります。

 

とても清々しい気分になりました。

 

全て家で出来る事ですが見終わった後、達成感がありますよ。

 

自分ワールド全開で空想しながらお金のない休日を楽しんでいます。

 

40歳にもなってイタイと思う人もいると思いますが、
自分の気分さえ良ければOKなんです。

 

最高の暇つぶしです。