給料日前はお金がかなり厳しいので休日は図書館に行きます

30歳女性パートです。
派遣などの仕事もしていましたが、期限切れのため、パートで働いています。

 

給料のほとんどを家に生活費として入れているため、給料日前はお金がかなり厳しいです。
そんな時の休日は図書館に行きます。
最新の雑誌は置いてあるし、漫画もあればCDもあります。

 

休日のお昼ご飯を食べた後、散歩ついでに図書館に行くのが私の過ごし方です。
いつもは読まない本や、買おうと思ったけれど高価でお金がなく買えなかった本も置いてあり、1日つぶせます。
もちろん子どももいますが、静かにするのがルールなので、騒ぐようなことはありません。
休日は駐車場が込み合いますが、徒歩なので問題ありません。

 

無料で本を借りられるため、自宅でじっくり欲しかった本を楽しむのもなかなか楽しいものです。
そんな時は、お歳暮などでもらったコーヒーや紅茶をお供にしています。
頂き物のお菓子やコンビニお菓子などがあるのが理想です。
ちょっとお金がかかりますが、少々値の張るお茶とお菓子を用意して読書を楽しむのも、自分へのご褒美として年に数回程度やっています。
その時は、ハードカバーの分厚い本を読みます。

 

図書館だとCDも借りられますし、もし欲しい本があれば申請し、通れば購入してくれます。
飲食スペースもあり、さりげなくおすすめなスポットです。

 

近所に図書館がある場合、一度行ってみるのをお勧めします。
料理のレシピ本や人気の小説、ライトノベルまで揃っています。
「こんな本も?!」と驚いたことは一度や二度ではありません。

お金に余裕がある休日

お金が厳しい 図書館

お金に余裕がある休日に友達とのランチがないときにも行っています。

 

パンやおにぎりを持っていき、飲食スペースで食べることもできます。

 

図書館はゆったりと時間が流れるため、仕事で焦っているときの気分転換にちょうどよく、ついつい行ってしまいます。
のんびりしたいときにいかがでしょうか。

 

様々なジャンルの本があるため、飽きることはありません。

 

30代ではありますが、ティーン向小説も斬新で面白く読んでいます。

 

自宅でごろごろしているときもありますが、図書館通いが趣味というと、自己紹介の時の話題になります。
友達を誘っていくときもあります。

 

知的財産、知層というものですが、図書館で様々な本を読んでいくうちに増えていくように思えます。
ビジネス書もあるので、仕事に役立ったこともあります。

 

お金がないというときの休日の過ごし方に、図書館へ行くというのはいかがでしょうか。